フルボ酸とフムスエキス(フルボ酸エキス)の違いについて

先日、なにげな~く

ネットサーフィンを楽しんでたら

首を傾げたくなるような

ブログに出会いました。

 

 

都内の美容室さんがアップしていた

「フルボ酸とフムスエキスの違い」

というブログです。

 

 

挿絵付きで

とても分かりやすく説明

されているのですが

内容は「???」

 

 

 

ちなみにフルボ酸とフムスエキスの違いについては

私も下記の別ページ

フルボ酸ってなぁに?

にて説明していますので

是非読んでみてくださいね。

 

 

で、

そこに書かれていたフムスエキスの説明ですが、

「フムスエキスとはフルボ酸に他の栄養素加えたもの」

とのこと。

 

 

この説明には

あまりにも驚きました。

 

 

 

そもそも「フルボ酸」自体が

「他の栄養素を掴んだ状態の物質」だからです。

 

 

つまり

フルボ酸原液に

他の栄養素を加えてしまったら

薄まってしまうだけ。

 

 

 

もしそれが「フルボ酸原液」だとしたら

他の栄養素を加えることで

もはやフルボ酸ではなく

「薄まった別の素材」になってしまいます。

 

 

 

それに「フムスエキスの定義」

「土壌から採取した抽出物」のはず。

 

 

もしフムスエキスの原液に

何かを加えてしまったら

もはやフムスエキスとも言えない別の物質です。

 

 

そもそもこの理論に基づいて

製品の中に本当に「フルボ酸」が入っているのなら、

「フムスエキス」という表記ではなく、

「フルボ酸、栄養素A、栄養素B・・・」

という表記にすればいいのにと

思ってしまいます。

 

 

結論的に言うと

この美容室さんが使っているシャンプーには、

「何が入っているのか不明」

だと言うことです。

 

 

残念ながらこのように

間違った説明を受けている方が

他にもいそうです。

 

 

やはり、

ちゃんと成分表示に

「フルボ酸」の表記がある

製品を使用したいものですね。